「 業界情報 」一覧

Googleで上位検索を勝ち取るための対策

4743967

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近は、自院の整骨院のホームページなんか作ってないよ!という先生を探すのが難しくなった時代ですが、すべての患者様がホームページを閲覧して来院するわけではありませんが、数年前に比べるとそのインターネットで検索して来院される患者様が多くなっているのが現実です。

 

そこで先生方にとって気になるのがインターネットでの「検索順位」

 

自院のホームページが上位に表示されればされる程、自然と来院される初診の患者様の確率も上がる訳なんで、日々ホームページを更新されている先生が多いのも当然です。

※もちろん来院に影響するのは、ホームページだけではございませんが・・・(^_^;)

 

 

その検索順位に大きく関わる検索エンジンですが、今月8月1日にGoogleが大幅にリニューアルされたのをご存じでしょうか?

 

『コアアルゴリズム』アップデートと呼ばれ、更新は今回だけでなく今年3月にも行われた訳なのですが、今回の更新は結構大がかりなアップデートだったため、私どものお付き合いのある先生方でも今回のコアアルゴリズムアップデートに伴い、検索エンジンの順位が大幅に下落したとお嘆きの先生方もいらっしゃいました(-_-;)

 

毎回厄介なのが、Googleが正式にアップデートを発表はしたものの、実際にどういう対策をすればSEOの順位を上げれるのかの明確な基準というものを公表しているわけではないという事です。

 

ただし、Googleの陣営も今回のアップデートにおいて検索順位が反映されるためのヒントぐらいはいくつか打ち出してくれているので、そのポイントを何点かお伝えできればと思います。

 


 

1.専門的な内容(情報)や信頼性のある内容(情報)である事

(+α ユーザーにとって役立つ内容である事)

CAT9V9A9145_TP_V

 

 

 

 

 

 

 

少し話がそれてしまいますが、Googleは以前からYMYLの関係を良く話題にしています。

YMYLとは簡単に説明するとYour Money  Your Life,

つまり、『お金』と『健康』に関する内容を大事にされています。

たしかにお金と健康に関する情報って一歩間違えば人生を大きく左右する内容ですもんね!!

 

 

実際に今回のアップデートで変動の大きかった上位の3ジャンルです

1位:健康、医学

2位:美容、ファッション

3位:結婚、恋愛

 

ここで注目は、整骨院業に大きく関連する『健康、医学』のジャンルが一番変動の大きかったジャンルに属しています。

 

余談ですが結婚、恋愛も人生にとって重要な事なので、変動が激しかったみたいですね!

 

 

今回のアップデートでは公式に「医療従事者や専門家、医療機関などから提供されるような信頼性が高く、有益な情報は上位に表示されやすくなる」と記されており、例えば信頼性の高い国家資格認定の柔整師、鍼灸師が健康や体に関する専門的な事を頻繁に更新していれば自ずと順位は上がるのかと勝手な分析をしております!

ですので、プロフィールなどには国家資格を取得している人物が専門的な内容を発信していますよ!!と分かるような記述を必ず記した方が検索順位には有利に働くかなと思われます。

 

 


 

2.モバイルフレンドリーなコンテンツかどうか

kazukihiro0803DSCF5715_TP_V

 

 

 

 

 

 

言葉だけ聞くと何の事やら??ですが、簡単に説明するとこれまでGoogleは、PC用(デスクトップ版)のサイトの内容がSEOの検索順位を大きく左右していたが、今年3月頃にスマートフォン向けのサイトの作りこみ内容がSEOの検索順位を決める優先的な指標となりました。

つまり、スマホにもきちんとサイトが対応しているかどうかという点です。

このご時世、スマホで検索する方が圧倒的に多くなったので、より正確に検索率に反映するための措置だと思われます。

今後、こちらの内容はより反映されそうなんで、早めの対策が必要ですね。

 


 

3.スピードアップデートの優遇

NIS_N700kei_TP_V

 

 

 

 

 

 

ちらは和訳の通り、先月7月からページの表示が遅いサイトに関しては検索順位の評価をマイナスにしますよ!という内容です。

たしかに、たまに読み込みが遅いサイトがあるとイライラしますよね!

 


 

4.SSL化の推奨

542737

 

 

 

 

 

 

先月7月にリリースされたGoogle Chromeの新バージョン「Chrome68」ではHTTPSで構成されていないサイトはURLの部分に下記画像の様に「保護されていない通信」とラベルが付くようになりましたが、今後は対応していないとすべてのhttp接続のページが警告表示されてしまいます。

SSL化されているかどうかの判断は一目瞭然です。

URLが「https://」から始まるページはSSL化されており、「http://」から始まるページはSSL化されていません

 

 

842386d8a65054c90eaf91a8ed8e2eb4

 

 

 

 

 

おそらく今後は「常時SSL化」が今まで以上に重要になりますし、検索上位にも大きく影響すると考えられます。

 

情報量や種類の差はあれど、そういった情報を扱っているサイトで警告表示が出ると、訪問者がサイトを利用するのをためらうことが予想できます。
つまり、既存の患者様の離脱、新規患者様の獲得や売上に影響が出てくる可能性があると言えます。
これは、サイトを運営していく上で大きなデメリットです。

この対策も今後Googleが強化すると公言していますので、間違いなく検索上位に来るためには大きく関わってくる事項かと思われます。

 


 

いかがだったでしょうか?

上記に挙げた1~4の対策はごく一部ですが、日々Googleのバージョンアップは行われています。

また検索上位に来るための取り組みが無限にあるのも事実です。

ですので、1~4の内容の対策は最低限しておきたいですよね。

 

 

とにもかくにも普段より、ホームページだけに依存するのではなく、リスク分散としてSNSの活用、メルマガやLINE@、オンラインコミュニティ、来院患者様との人脈づくりなどもしっかりとしていかないといけません。

ひとつ言える事は、まめに有益な情報の詰まったブログを日々更新する事ですね。

 

逆の取り方をすると今まで対策を何もしていなかった先生方も今から上記のような対策をしっかり取り組んでいけば、どんどん上位に表示される可能性は大いにありチャンスだと思います。

日々大変ですが、是非上位検索目指して頑張って下さい!!

 

***********************************************************

ご開業・院の経営のご相談の事なら弊社までご用命下さい。

安心をお渡しする セラピ株式会社

セラピマン

 

 

大阪市北区曽根崎2丁目2番1号
TEL: 06-6312-1077

ホームページ

http://www.therapy.co.jp/

 


第13回柔道整復療養費検討専門委員会

弊社facebookでもご報告しておりました1月31日(水)に開かれた『第13回柔道整復療養費検討専門委員会』の議論の内容を簡単にまとめてみました。

基本的には今まで議論されていた内容ではありますが、対応スケジュール(案)の各項目について、より細かい検討状況や論点などの説明が行われたようです。

13special1-thumb-700xauto-23

 

 

 

 

 

 

 

 

①指定保険医療機関での実務経験について

指定保険医療機関での実務経験については、施術者側から『柔道整復師養成校には病院などの保険医療機関に就職していいものか』という相談が多く寄せられた。

最終的には施術者側と保険者側からの双方からも病院、診療所(指定保険医療機関)での従事期間を実務経験として認めるべきとの見解で一致した。

また、『保険医療機関では柔道整復の指導はできないが、実務経験証明書の発行はどうするのか』との質問があり、厚生労働省は『保険医療機関での業務を実務経験として認める場合には様式を変える必要がある。保険医療機関には柔道整復ではなく、社会経験や医療知識、倫理観が身に付いたことを証明していただくことになるかと思う』という内容で落ち着いた。

 

②亜急性の見解について

施術者側は、医科は「治療」、柔道整復は「施術」と立場の違いがはっきりしている。

その中で、亜急性という文言だけ医科と同じように考えられては、他との整合性が取れないと述べ、認識の違いが浮き彫りとなった。

さらに、保険者側からは『支給対象となる負傷を明確化するためにも、一旦リセットしてゼロから検討するべきである。亜急性という文言が残っている以上、曖昧で解決できない』との厳しい意見も見受けられ、まだ最終的な方向性は見送りとなった。

 

③負傷原因の記載も1部位目から必要

保険者からは『患者照会を行う際に、申請書と患者本人の申告が違っていて返戻する場合もあり、1部位から書くことには重要な意味がある』と主張。

その一方受領委任を止めれば不正が減るのだと短絡的に捉えるべきではなく、慎重に議論を進めるべきだという意見も見られた。

 

④不適切な広告の規制

ここ最近、不適正な広告の院が多く、施術者側・保険者側ともに不適切な広告が横行していることを問題視しており、全国的に指導徹底をすべきとの意見で一致。

今後、ガイドラインを作成して、ガイドラインを守らない施術所には警告をして、是正のための期間を与えてそれでも守らない場合には罰金を課すということをめていくとの方向性で一致。

 

⑤不正請求の問題について

柔整審査会の権限も強化されたので、これを機に不正をする施術所には調査を徹底し、問題が発覚した場合には厚生局に届け出て欲しいとの要望。

 

▼1/31の詳細資料▼

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000192615.pdf

 

いずれにしても今後改善や取組みがされて、業界が良くなる議論はどんどん話し合いをして、実行していただきたいですね!!

 

***********************************************************

 

医療用品医療機器の事なら弊社までご用命下さい。

安心をお渡しするセラピ株式会社

大阪市北区曽根崎2丁目2番1号
TEL: 06-6312-1077

ホームページ

http://www.therapy.co.jp/


自費について③

いつもお世話になっております。

こちらのブログを拝見していただいている方々には、

いつも本当に感謝いたしております<(_ _)>

 

今回は、整骨院自費治療第3段と題しまして、

毎回の如く業界の動向をお伝えさせていただきたいと思っております・・・。

 

 

普段出入りさせていたいただいている施設の先生で、

よくこのような事をお聞きします。

 

「治ったら来ぇへんようになるんよ」

 

え?

 

それは先生、当たり前のことじゃないんですか・・・?

身体に、そして精神的にストレスを感じないのであれば、

そもそも治療所に行く理由がないと思うんですが・・・?

 

 

実はこの期間こそが「自費」を最大に生かされるタイミングであって、

経営が順調な先生方は、この「期間」を最大限に活用している傾向が

見て取れます。

 

 

整骨院で保険請求できるのは、あくまで急性のみ!

「いきなりの傷病にはぜひ来院ください」が基本的スタイルだと思います。

 

痛くなったらおいでね。

 

ではなく、

 

痛くならないようにする「身体のメンテナンス」こそ

自費稼働の最も説得力のあるカテゴリーであると考えます。

 

 

経営の安定】=【集患数】

 

 

これに意識を囚われていらっしゃる先生方が非常に多いのが印象的ですが、

本当に経営を順調に保たれている施設では、来院数にこだわりがないのが

現実にございます。

加えて申しますと、

経営が順調な先生方の施設では、

一切【 集患 】に執着している方がいらっしゃいません!

 

なぜ!?

 

回答の一つとしまして、

「来院ルーティーン」が確立しているからだと判断しています。

 

は?

なにそれ?

 

鍼灸・整骨院の世界だけでなく、

商売においては、必ずマーケティングの理論が付き纏います。

 

「心理」や「動向」「傾向」など、

どの分野においてもこの法則は切り離せないのです。

 

この要素に視点を置くかどうかで、経営は大きく変わっているのだと、

つくづく感じさせられております。

 

「来院」を「ルーティーン」化するにはその法則に従った取組みが有効です。

来院をルーティーン化するには「身体のメンテナンス」が効果的です。

 

病気にならない為の取り組み。

ケガをしにくい体作りへの取り組み。

 

予防策とは、誰もが意識しながら、

決定的な取り組みに決断しかねると判断した場合、

先生方は患者さんに何をご提案できますでしょうか・・・?

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

自費治療導入の事なら弊社までご用命下さい。

安心をお渡しするセラピ株式会社

大阪市北区曽根崎2丁目2番1号
TEL: 06-6312-1077

お問合せ:http://www.therapy.co.jp/inquiry/index.php